あなたの頭を一新しよう!批評ドットコム

滋賀県の洋太が書いています。

引きこもりの子の数珠つなぎ

だんだん落ち着いて

活動的になってくる子がいる。

そういう人らを引きこもり支援員として

雇ってもらう。

経験があるから普通の人よりも良い。

そうやってどんどん輪が広がる。

最後はみんなでひとつの会社を立ち上げる。

こういう仕組みがいいと思う。

起業スタートアップのコツは

若い人が若い人を教えることらしい。

それとおんなじ。

琵琶湖湖西ワイナリーを創ろう

私は弟がワイン業界にいたので、

何故か一時期ワイン造りについて随分学んだ。ぶどうは強い作物で、かなりの悪天候でも実る。それで世界一古い酒になった。

旅館業界や地域レストランから金を借り、少量でもワインを作る。

ぶどう畑はとても美しく、観光地になる。

放棄棚田がある。

猫の殺処理の無くし方(決定版) よく読んで!!

猫が日本では、大量に殺処理されている。

それも、いまだにわが滋賀県のような遅れた県では、

一気にまとめて、炭酸ガス室で殺される。

残酷なやり方だ。安楽死の方法もあるのに。

 

だから変えなければならない!全国の猫好きの人たちよ!!

そして変え方はある。

まず、数が多すぎるとガス室方式になる。

だから処理される数を減らさねばならない。

それを一気にするのは難しいが、

県に一つしかない「管理センター」(要は保健所)を分散させ、

滋賀なら彦根、長浜、草津、高島、と拠点ごとにセンターを作らせる。

そうすれば、一か所ごとの数が減るので、安楽死処置を取れる。

 

まずこれが第一段階。殺してしまうのだけど、申し訳ないけどね。

 

さらに、殺すことも無くすためには、

フランスで最近取り入れられた、「ペットショップでの新規子猫販売の禁止」

という、すごい方法を取らなければならない。

過激な方法に見えるけれど、西欧では最初じゃない。

他にもやっている国がある。


www.youtube.com

いくらでも経済成長できる

いくらでも場所がある やってない

やらない 視点が一方向に限られている

考えていない 金をばらまくのに 変な場所にばかり行くから

意味がなくなっている

本当にひどいなさけないことが起きている

無垢な若者が自然にやりたいと思うことが、

成長できることなんだよ

それをいやらしい大人がとめる

この日本のシステム 

地方の暗さ 地方を改革するには

一言で言うと、なにかしようという若々しい意欲があっても、それを妨げる規制や常識がある。この面倒臭さは日本特有のものかもしれない。

だから地方はつまらない。いや、楽しい素材があって孤独に楽しむことは出来るが、それが一般化され新しい展開になるのは至難の業だ。

都会だってつまらないのに地方はもっとつまらなく、何にも起きない。皆保守的、同じ事をしている。

また、地方には良く言うと有力者、悪く言うと”裏社会”のような暗い世界とつながりのある土木業界や建設業界のしがらみがあり、たとえば九州の漁協の問題も似たことなのだろう。ああいうものを、越えてゆかねばならないのだ。

 

イジメと戦う難しさ

日本という国は、良い面もあるが

酷い面もある。

イジメで悩んでいる子供にとって

日本の社会は決して親切ではない。

相談しようにも、親身になってくれる

場所は少ない。

先生が冷たいとしょっちゅう聞くし、

市役所や県の担当も、どこまで

やってくれるか?

悩ましいところだ。

難民の窮状

臓器売買がシリア難民によってなされていると聞いて

重い気持ちになる。

資本主義の極地。最底辺。

誰でもひどいと思うが、その後眼をそらす。

耐えられない。 

ゆたかになっている、中国は。

世界は豊かになっている。

やるせないのは、

何もできないからではなくて、できることが多いがやらない

大勢が知らない顔をするからだ。

目の前なら動くだろう、遠いから眼をそらす。